平成24年度事業報告
事業概要
(1)商業振興のための調査,研究及び指導に関する事業
 県・市で行っている補助制度について情報の収集を行い,商店会,駐車場経営者,起業・創業を目指している人達に周知・利用の促進を図った。
top
(2)情報ライブラリー事業
商業活性化策の啓発を図るため設置していたライブラリーについては,図書のリニューアルを行った。
top
(3)商業振興のための人材育成事業
 創業支援塾の開催
 空き店舗対策及び商業活性化に資するため,潜在的に存在する中心市街地において起業を目指している意欲のある方々を対象として,そのノウハウを習得するため第9回「みと黄門元気塾」を開催した。
 また,過去の卒塾生に対して創業するにあたりフォローアップを行った。
平成24年度創業支援塾
講座名
講義回数
受講者数
日程
みと黄門元気塾
8回
30名受講
(うち修了生26名)
平成25年1月19日
〜平成25年3月9日
top
(4)情報提供事業
 ホームページの活用
 平成10年度に開設したホームページにおいて公社財務状況の開示又は,関連情報を提供するとともに,商店街情報や駐車場情報などの情報の充実に努めた。
top
(5)商業振興のための支援事業
ア 公社商業振興事業補助金制度の見直し
 駐車場事業からの収益金確保が厳しい状況のため,関係機関と協議調整をし,補助制度の見直しを実施した。
イ 下市商業振興事業への支援
 備前堀の通年導水を契機として商店街等が主体となって実施した下市地区の商業振興のための活性化方策に対し,水戸商工会議所との協調により支援した。
top
(6)駐車場の設置,管理及び運営に関する事業
 水戸駅南パーキングについては,周辺駐車場の増加等に伴い,収益確保が厳しい状況であるため,利用客数の増加対策として,前年度に引き続き周辺大型商業施設との提携を行った。
 また,月極駐車の利用促進を図るため周辺企業,周辺住民及び関係機関に情報を提供し駐車利用台数の増加に努めた。
  梅香高架下パーキングについては,昨年度まで使用していた市有地の減少により,近接の市有地に新駐車場を設置した。
 内原駅南パーキングについては,内原駅利用者の確保を促進するため情報提供に努めた。
(平成25年3月31日現在)
駐車場名
所在地
供用開始年月日
供用台数
水戸駅南パーキング 水戸市宮町1-108-2 平成10年3月1日
236台
梅香高架下パーキング 水戸市梅香1-264-1
水戸市常磐町6251-8
平成11年6月1日
47台
内原駅南パーキング 水戸市内原町327-3 平成17年4月1日
57台
top

(7)駐車場の管理の受託

市営駐車場の管理受託
前年度に引続き,水戸市から市営駐車場7か所の管理を委託され,その管理運営に努めた。
(平成25年3月31日現在)
駐車場名
所在地
供用台数
備 考
宮町駐車場 水戸市宮町3-2-9
207台
 
水戸駅南口広場駐車場 水戸市宮町1-6-140
27台
 
本町駐車場 水戸市本町2-5-17
32台
 
五軒町地下駐車場 水戸市五軒町1-6-8
217台
 
赤塚駅南口広場駐車場 水戸市河和田1-12
9台
 
赤塚駅北口駐車場 水戸市赤塚1-1
521台
 
赤塚駅北口広場駐車場 水戸市赤塚1-3
10台
 
top
(8)ミオス関連事業
ア ミオス関係事業
 ミオス1階の店舗床共有者(16名,水戸市も含む)から一括して床を借上げ,賃貸借を行った。平成19年4月に「茨城県後期高齢者医療広域連合」が開設され,空き店舗の大部分が解消されているが,残る空き店舗について引き続き誘致を行った。
 また,店舗床賃貸事業の安定化を図るため,店舗床共有者と調整を行い,経営改善に取り組んだ。
イ ミオス管理運営事業
 ミオス管理組合から管理を受託し,店舗,公益施設,高齢者住宅,共同住宅及び駐車場における共用部分の管理を行った。
 また,建物竣工後10年を経ているため大規模修繕工事が予定されていることから,実施に向けて組合員及び関係機関と調整を行った。併せて,平成23年3月に発生した東日本大震災により,建物に損傷を受けたことから,復旧工事について調整を行い実施した。
top
(9)新公益法人制度への移行業務関係
 平成24年3月29日付で茨城県に一般財団法人への移行認可申請を行い,茨城県公益認定等審査会に向けて県によるヒアリングや資料提出等に対応した。平成25年3月19日付で県から一般財団法人として認可されたことを踏まえて,平成25年度からの一般財団法人への移行に向けて,登記関係等の必要な移行の準備事務を行った。
top
公社概要top
Copyright (C) 2006 水戸市商業・駐車場公社 All Rights Reserved