平成25年度事業報告
事業概要
概況
 平成25年度は,公益法人制度改革3法の施行に伴い,特例民法法人から一般財団法人に移行し,新たな公益法人制度のもと,水戸市及び関係団体と連携を図りながら,水戸市内における商店街等の活動に対する支援のための事業並びに商業活動を支える駐車場の整備・運営等を行うことにより,商業の振興を図り,市民福祉の向上に寄与することを目的として各種事業を積極的に展開し実施した。
 また,赤塚駅北口再開発ビル「ミオス」の建物管理及び店舗床賃貸借事業については,関係権利者と調整を図り健全な管理運営に努めた。
 
(1)商業振興事業のための調査研究及び指導に関する事業(継続事業1)
  ア 調査研究及び指導
 国・県・市等で行っている補助制度について情報の収集・整理研究を行った。また,商店会等が実施する各種事業に対し補助金等の相談や補助金申請に対して指導を行った。
  イ 情報ライブラリーの設置
 商業活性化策の啓発を図るため,商業活性及びまちづくりに関連する資料及び図書を備え貸出を行った。
top
(2)商業振興のための人材育成事業(継続事業1)
  ア 創業支援塾の開催
 空き店舗対策及び商業活性化に資するため,潜在的に存在する中心市街地において起業を目指している意欲のある方々を対象として,そのノウハウを習得するため第10回「みと創業支援塾」及びプレ講座として「1日体験講座」を開催した。
また,過去の卒塾生に対して創業するにあたりフォローアップを行った。

(ア)「みと創業支援塾 1日体験講座」の開催
 平成16度より継続して実施している,創業・起業を目指す方々のための「みと創業支援塾」を広く周知させるため,一日体験講座を開催した。
講 座 名 みと創業支援塾一日体験講座
開催日時 平成25年11月30日(土) 午後2時〜午後4時
開催場所 紅茶館(水戸市南町)
講 師 鬼澤眞人
講義内容 「お客様がまた来たくなるお店づくり」
受講者数 32名
受講料 無料

(イ) 「平成25年度みと創業支援塾」の開催
 創業・起業を目指す方々のための「第10回みと創業支援塾」の塾生募集を行い,平成26年1月18日から実施した。
・開催期間  平成26年1月18日(土)〜平成26年3月8日(土) 
・受講者数  31名
・修了者数  16名
・受講料    5,000円
・開催場所  水戸市福祉ボランティア会館(水戸市赤塚ミオス)
年月日
講義内容
講師
平成26年
1月18日(土)
開講式・オリエンテーション  
「創業計画の基礎〜企業の夢を形にする〜」 林 雄一
平成26年
1月25日(土)
「会社設立及び事業立ち上げに関わる許認可」 橋本 哲
「超戦略型ホームページの作り方」 菅谷 信一
平成26年
2月 1日(土)
「デザインでお店を惹きつける店舗づくり」 渡辺 正則
「お客さまがまた来たくなるお店づくりステップアップ編」 鬼澤 眞人
平成26年
2月 8日(土)
「水戸まちなか店舗ウォッチング」  
平成26年
2月15日(土)
「知って得する創業時における労務管理の基礎知識」 山崎 和男
「企業家としての心構え,そして志」 中村 三樹
平成26年
2月22日(土)
「創業時の資金調達〜銀行との交渉の知恵〜」 石川 純
「税金の基礎知識〜節税のコツ〜」 篠原 勉
平成26年
3月 1日(土)
「ベンチャー企業から永続企業になるための条件」 根本 雅之
「大志を抱いて事業に挑む〜リスクと向き合うアジアでのビジネス展開〜」 堀 明則
平成26年
3月8日(土)
塾生発表  
閉講式  
top
(3)情報提供事業(継続事業1)
  ア ホームページの活用
 公社ホームページにおいて,中心市街地への誘客を図るため,商店街の情報,新規駐車場や既存駐車場の料金変更等最新情報を提供した。
top
(4)商業振興のための支援事業(継続事業1)
  ア 商業振興事業への支援
 商店街団体が実施する商店街活性化対策事業に対し助成を行った。
補助金交付先 本町一丁目二丁目商店街振興組合
補助対象事業 商店街活性化対策支援事業
補助金交付額 322,000円
補助金交付決定日 平成25年9月26日
  イ 下市商業振興事業への支援
 備前堀の通年導水を契機として商店街等が主体となって実施した下市地区の商業振興のための活性化方策に対し,水戸商工会議所との協調により支援した。
top
(5)まちなか交流促進事業(その他事業1)
  ア 「まちなか情報交流センター」の設置
 まちづくりの交流拠点として中心市街地に設置する「まちなか情報交流センター」において,中心市街地への来街者に対し,各種情報の提供や休憩スペースとしての利用提供を行うと供に「まちの駅水戸ネットワーク協議会」に加入し「まちの駅」として市民サービスに努めた。
 また,観光客や市民の利便性を高めるため,レンタサイクルの貸出を行った。
  イ 商業振興のための各種助言・指導
 まちづくりコーディネーターを配置し,市内商店会に対し,補助金等の行政支援の斡旋及び助言を行うと供に市内で開かれた各種イベントの支援を行った。
また,中心市街地の賑わいを創出するため,まちづくり団体の会合,演劇公演等に「まちなか情報交流センター」の施設貸出を行った。
  ウ にぎわい創出のためのイベント実施
 水戸の魅力向上及び賑わい創出のため,水戸駅北口ペデストリアンデッキにおいて「まちなかステージ」を次のとおり開催した。
(ア)「第1回まちなかステージ」
開催日  平成25年6月23日(日) 晴れ
開催時間 午前10時45分〜午後3時
出演者  水戸ご当地アイドル(仮),三の丸小学校吹奏楽部,水戸工BLUEBEGINNERS他
観客数  延べ約1,600人
(イ)「第2回まちなかステージ」
開催日  平成25年8月25日(日) 小雨のち晴れ
開催時間 午前11時00分〜午後3時00分
出演者   ISA,ajuworld,磯山純他
観客数  延べ約1,000人
(ウ)「第3回まちなかステージ」
開催日  平成25年9月22日(日) 晴れ
開催時間 午前11時00分〜午後3時10分
出演者    長田優子,高梨理恵,加藤万里奈他
観客数  延べ約600人
(エ)「梅香径・まちなかステージ」
水戸駅前商店会・銀杏坂商店会・水戸駅前葵商店会と共催して開催した。
開催日  平成26年2月23日(日) 晴れ
開催時間 午前10時50分〜午後4時00分
出演者   南貮会,水戸東武館,水戸ご当地アイドル(仮)他
観客数  延べ約1,000人
  エ 学生と連携した事業の企画及び実施及び支援
 学生のまちづくり活動への参加を促進するため,「水戸学生まちづくりプランコンペ」最優秀賞者へ学生連携事業補助金交付決定を行った。
補助金交付先 水戸常磐まちづくり輪講
補助金交付額 500,000円
補助金交付決定日 平成25年8月12日
  オ イベントカレンダーの発行
 中心市街地で実施される様々な催物などの情報を周知するため,「イベントカレンダー」を毎月発行した。
    ・発行部数  各号6,841部
top
(6)駐車場の設置,管理運営に関する事業(その他事業2)
  ア 公社営駐車場の管理運営
 公社営駐車場として水戸駅南パーキング,梅香高架下パーキング及び内原駅南パーキングの管理運営を行った。
(ア)水戸駅南パーキング
水戸駅南パーキングについては,利用客の増加対策として,バス駐車場として利用していた未整備区域を舗装し駐車区画の増設を行った。更に,前年度に引き続き周辺大型商業施設との提携を行った。
また,月極駐車の利用促進を図るため周辺企業,周辺住民及び関係機関に情報を提供し駐車利用台数の増加に努めた。
(イ)梅香高架下パーキング
梅香高架下パーキングについては,定期専用駐車場であるため,契約者のニーズにあった駐車場経営に努めた。
(ウ)内原駅南パーキング 
内原駅南パーキングについては,内原駅に隣接していることから,内原駅利用者の確保を促進するため情報提供に努めた。
(平成26年3月31日現在)
駐車場名
所在地
供用開始年月日
供用台数
水戸駅南パーキング 水戸市宮町1-108-2 平成10年3月1日
256台
梅香高架下パーキング 水戸市梅香1-264-1
水戸市常磐町6251-8
平成11年6月1日
47台
内原駅南パーキング 水戸市内原町327-3 平成17年4月1日
57台
top

(7)駐車場の管理受託(その他事業3)

  ア 市営駐車場の管理受託
  指定管理者として,水戸市より市営駐車場8箇所の管理を委託され,その管理運営に努めた。
また,平成26年2月28日付で水戸市宮町駐車場が廃止された。
駐車場名
所在地
供用台数
備 考
水戸市宮町駐車場 水戸市宮町3-2-9
207台
平成26年2月28日付で廃止
水戸市水戸駅南口広場駐車場 水戸市宮町1-6-140
27台
 
水戸市本町駐車場 水戸市本町2-5-17
32台
 
水戸市五軒町地下駐車場 水戸市五軒町1-6-8
217台
 
水戸市赤塚駅南口広場駐車場 水戸市河和田1-12
9台
 
水戸市赤塚駅北口駐車場 水戸市赤塚1-1
521台
 
水戸市赤塚駅北口広場駐車場 水戸市赤塚1-3
10台
 
水戸市内原駅北口広場駐車場 水戸市内原町74-1
11台
 
top
(8)赤塚駅北口再開発ビル「ミオス」関係事業(その他事業4・その他事業5)
  ア ミオス店舗床賃貸借事業
(ア) ミオス1階の店舗床共有者(16名,水戸市も含む)から一括して床を借上げ,賃貸借を行った。平成19年4月に「茨城県後期高齢者医療広域連合」が開設され,空き店舗の大部分が解消されているが,残る空き店舗について引き続き誘致を行った。
(イ)ミオス専門店会の集客活動
ミオス専門店会への集客を図るため,第10回ミオスふれあい市を開催した。
イベント名 第10回ミオスふれあい市
開催日時 平成25年11月9日(土)  午前10時から午後3時
開催場所 ミオス1階自由通路
来場者数 約1,800人
  イ 赤塚駅北口再開発ビル「ミオス」の共用部分の管理運営
赤塚駅北口再開発ビル「ミオス」の共用部分の管理を行った。
(ア)ミオス管理組合定期総会の開催
 管理者として平成25年度定期総会を次のとおり開催した。また,定例(毎月)のミオス住宅部会修繕委員会に出席し,大規模修繕工事に向けて検討を行った。
開催日
内容
平成25年6月4日 ミオス管理組合施設部会監査
平成25年6月5日 ミオス管理組合住宅部会監査
ミオス管理組合監査
平成25年6月12日 ミオス管理組合住宅部会役員会
平成25年6月26日 ミオス管理組合住宅部会定期総会
平成25年6月28日 ミオス店舗床共有者協議会定期総会
ミオス管理組合施設部会定期総会
ミオス管理組合理事会
ミオス管理組合定期総会
(イ)大規模修繕工事の実施
 平成25年9月24日から平成25年12月25日にかけて,大規模修繕工事を実施した。
top
(9)公社管理運営(法人会計)
  ア 公益法人制度改革に伴い,茨城県知事より移行認可を受け,平成25年4月1日より一般財団法人としてスタートした。新法人移行に伴い次の業務行った。
(ア)特例財団法人の名称変更による解散登記及び移行したことによる設立登記(4月)
(イ)茨城県知事へ移行登記完了届出の提出(4月)
(ウ)茨城県知事へ公益目的財産額の確定に係る必要書類の提出(6月)
(エ)茨城県知事より公益目的財産額の確定(11月)
top
公社概要top
Copyright (C) 2006 水戸市商業・駐車場公社 All Rights Reserved